たたかうあるみさんのブログMKⅡ

み~んなそろって、闘争勝利!でもやっぱりメットは、白でしょ⁉ということにしておこう。

容量がいっぱいになった「たたかうあるみさんのブログ」を移動して、2020年7月に新たに開設した、共産趣味鉄道ヲタブログ⁉…旅行、萌え系ネタ⁉もあります。

#クソ右翼

辺野古新基地建設反対!琉球弧への自衛隊配備を許さない集会&デモ(後編)

 ようやく先日の続きが書けるぞ。
DSC06954
 私(山城さん)も辺野古・高江に張り付いていたが、島々の軍事化に脅威を感じてきた。与那国や石垣、宮古島に行き、保良の弾薬庫にも反対してきた。かつては島々に自衛隊がおとがめなしに入ってくるための、辺野古の工事はダミーではないかとも思ったこともあったが、実は辺野古が最大の軍事拠点、キーステーションになる。水陸機動団の第三連隊が辺野古に来る!台湾から与那国まで110㎞、沖縄が戦場にならないはずがない!
 今、南西諸島の軍事化に抵抗するための「県民の会」を立ち上げようとしている。ダグラス・スミスさんは、国は限定的な戦争を想定しているが、国と国との戦争になるなら、国際法上、全面的な戦争につながると言っている。また沖縄が戦場になることを許さない国会論戦も起こっていない。県民も辺野古には強い抵抗感があるが、南西諸島の軍事化が共有されておらず、運動体もつくられていないからである。
 ところが沢山の課題がある。会の名称の問題で、まず「南西諸島」が東京からの視点であり、表現そのものが差別であるという意見がある。それに代わる「琉球弧」も学術的すぎて一般の人には理解しづらい。鹿児島の島々も「琉球弧」か?という問題や、宮古島・石垣島を琉球とくくるのも問題があるだろう。「わたしたちの島々」という表現や、各島の名称をつかう手もあるが、総称するときのいい名称がない。また「県民」にするのか「市民」にするのかということもある。しかしこの会が立ち上がったら多くの結集を呼びかけたいと述べられた。
 ネット記事のコメント欄への書き込みを見ると、日本中が「沖縄の主張は甘えである」と考えているようだ。「新聞記者」ではマスコミを情報操作する部署が描かれている。社会が沖縄に「黙れ!」という世論を醸成しているが、こうした世論に警鐘を鳴らしながら、戦争にならないようにして欲しいと述べられて、講演を終えた。
 休憩後の質疑応答では、若い人たちが「南西諸島」の自衛隊配備問題をどう考えているか?について、沖縄でも運動は「ジジババ」の世界で、共通の課題である。「県民の会」の立ち上げには、役員や呼びかけ人は男女同数にする、若者も積極的に入れるなど、努力していきたいと述べられた。
 続いて40代ぐらいの男性が挙手して登壇し「命が大切だというなら北朝鮮のミサイルに抗議しないのはおかしい!」などと問い詰めてきた。これは明らかにクソ右翼であったので、みんなで問い詰めてエレベーターのところまで追い込み、つまみ出した。一応出て行ったが、その後PLP会館に向かって「街宣」を始め出したが、16時前には帰ったようだ。雨も降ってるし、あそこで一人がなっていても近所の住民から通報を受けた警察が来るだろう。なおクソ右翼は「村上」と名乗っており、事情に詳しい人によれば、八尾市の市会議員選挙に立候補したことがあるらしい。
 その他「県民の会」について「連帯する全国共闘会議」のようなものを作る、あるいは「市民の会」という名称にすれば、県外の人が参加・連帯しやすくなるという意見が出された。山城さんは政党や団体参加ではなく、個人参加にして保革を越えた「戦争反対」一本でまとまる団体にしたいそうだ。
 その後の各団体アピールでは「ジュゴン保護キャンペーンセンター」の活動報告や、「辺野古派遣おおさか基金」から辺野古ぶるーカヌー隊で、海保によって怪我を負わされた千葉和夫さんの国家賠償訴訟支援のための報告会(後に、コロナ流行により中止決定)の案内があった。また「大阪アクション」の構成団体ではないが「南西諸島への自衛隊配備に反対する大阪の会」や「米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会」のアピールがあった。
 「南西諸島~」の会は、昔は三里塚闘争や石垣・白保の空港反対運動をしてきたグループで、2017年に「石垣島のことは言うが宮古島のことは言わない」という指摘を受けて、では現地に行ってみようということで始まった運動だそうな。現地情勢を伝える会報を出したり、街宣活動を行ったりしている。
 米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会は、2年間現地の集会ができていない、「いらんちゃフェスタ」もオンラインでやらざるを得なかったことを報告された後、米軍基地建設の2期工事が終わったが、肝心の米軍が来ていない。コンビニもないへんぴなところなので、米軍兵士が入りたがらないのではないか。(米兵はコンビニが好きでよくコンビニで買い物しているそうな)ここは攻撃を受けることはないと説明をうけたが、高さ3m、幅1mもの防御壁が建設された。2期工事で米軍基地が固定化され、自衛隊基地も拡張された。自衛隊基地にも反対で、コールを上げている。現地、宇川は農協も小さなスーパーも撤退し、北斗信金のATMも無くなって地域の人が生活しづらくなっている。町で地域活性化のためのアンケートを取っているにもかかわらず、小学校が統廃合された。そこに大きな風力発電が建設されようとしていると述べられた。
 「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」の女性たちによる「みかんの山」の替え歌…安倍スガ岸田、維新へと、強権の風、どこまでも…が披露された。DSC06958
 最後の行動提起では「辺野古新基地を止めるには、琉球弧の軍事化を止め、琉球弧の軍事化を止めるには辺野古新基地を止めなければならない」と発言があった。結集は100名ぐらいである。
 集会後は冷たい雨が降る中を、扇町通を西に、梅田OSビルまでデモでありますっ‼
DSC06960
 「今日の選挙は、名護んちゅ勝利!「ガジュマル構想」実現に、連帯!」「設計変更、もとから不許可!軟弱地盤の、改良できない!遺骨の冒瀆、埋め立てするな!サンゴを殺す、工事をやめろ! ジュゴンを殺す、工事をやめろ!」

DSC06962
 「石垣島の、軍事化反対!」「宮古島の、軍事化反対!」「与那国島の、軍事化反対!」「奄美大島の軍事化反対!」「馬毛島の軍事化反対!」(ここでは「南西諸島」や「琉球弧」といった島々を総称する言葉を使わず、個々の島々の呼称を使うことにした)
 「基地建設を、直ちにやめろ!」「設計変更、不承認支持!」「みんなの力で、工事を止めよう!」「市民の力で、埋め立て止めよう!」などとコールしてきた。
 別のクソ右翼が2名ほど妨害にきたが、挑発にのらずそれを跳ね返し、デモを貫徹したのである。
  ではでは…

「遺骨眠る土砂を辺野古に使わせない!」具志堅隆松さん講演会(後編)

 前回の続き…
 具志堅さんの話は、沖縄島南部から土砂を搬出する問題についての説明に移った。軟弱地盤の存在に伴う設計変更で、大量の土砂が必要になったため、埋め立て土砂を県内7カ所から取ることになった。そのうち南部から挙げられているのが、糸満市と八重瀬町である。沖縄戦犠牲者の遺族はほとんど遺骨の収集ができていないので、「魂魄の塔」周辺でみんな手を合わせていた。その周辺で遺骨収集をやっているのだが、そこに磁気探査が入って、採石場の計画があることが判明した。採石業者に、そこを開発しないで欲しい、仕事をしないで欲しいとは言えない、問題を作ったのは国の政策だと具志堅さんは思ったそうだ。
 そこで沖縄防衛局に行って、現地視察の要請をしたら「まだ決まったことではない、問題は内部で共有する」と答えた。国は戦没者の遺骨があることを認識していないのではないかと思った。何度念押しして聞いても答えない。具志堅さんは「あなたたち、人の道に外れていますよ」と防衛局の役人に言ったそうだ。
 この問題について、沖縄のマスコミは一生懸命伝えるが、「本土」では伝えない。計画の断念を要請するにあたり「このことは明らかに間違っている!」ということを、国への要請よりも多くの人に伝えたかったので、ハンガーストライキを行った。魂魄の塔の前では人があまり通らないので、県庁前で行ったら、沢山の人が来た。普段から反戦や基地建設反対運動とは縁のない人たちや、遺族の方々だ。海に出て泳いで避難しようとしていた仲間のうち、泳げない人は陸を通って避難することにした。海を通った人は無事だったが、陸を通った人は帰ってこなかった。「泳げなくて海に入らず亡くなった方を、海に捨てるのですか?間違っていますよ!」と述べられた。
DSC_3538
 「沖縄戦には全国の都道府県出身者が参加している、これは沖縄だけの問題ではない、全国の問題です。」と各都道府県の議会に要請書を送ったりもした。あちこちの自治体から独自に要請書が出ている、国の計画の撤回を求める要請書を出して欲しいと訴えられた。
 「防衛省にとって戦没者は『戦友』ですよね、戦友の遺骨を、敵軍であるアメリカ軍の基地をつくるのに使う、遺族と戦友に対する裏切りですよね」とも述べられた。8月14、15日には戦没者追悼式典が行われる日本武道館、靖国神社のすぐ前でハンストを行った。戦没者への敬意をもっている人が来るだろう、その人たちに「戦没者の遺骨がこのような扱いを受けるんだよ」ということを伝えるためだ。ハンスト中、また戻ってくる人、ちらっと見る人が多かった。遺骨を守ろうということには反応してくれると思ったそうだ。
 靖国に頭を下げる必要はない、千鳥ヶ淵でもない、木の柱でもない、戦没者が帰る場所は、家庭である。国が戦没者を弔おうとする、遺骨を管理するのではなく、各自が管理する、遺骨も魂も家族の元に返すべきだ。国は戦没者や遺族に対しては加害者であり、裁判では本来、被告席に座らなければならないにもかかわらず、あたかも裁判官のようになっているとも述べられた。(これは「反靖国」「反『国による追悼』」の思想である!)
 一通り話が終わったところで、具志堅さんが代表を務める「ガマフヤー」へのカンパ要請が行われた。また具志堅さんの本「ぼくが遺骨を掘る人『ガマフヤー』になったわけ」の販売案内がなされたのであるが、会場に持て来た分はすでに売り切れ状態であった。休憩の後、質疑応答があり、靖国神社に参拝するような保守の議員に訴えるべきだとの意見があった。
 岩国労働者反戦交流会実行委員会から報告があり、今年も11月20日、21日と岩国現地で集会を行うとのことである。岩国は今やハブになっており、日米共同訓練などでは岩国に「陸揚げ」されて各地に派遣されているのだそうな。
 最後に閉会のあいさつ、デモのお知らせで右翼が「カウンター」をかけてくる情報が来ているが、挑発にのらないようにとのことであった。
 集会参加は126名、zoom視聴者は19名、ガマフヤーへのカンパは52,382円であった。
 集会終了後は、デモでありますっ‼
DSC_3542
 前回の「大阪アクション!」集会&デモの時とおなじく、この扇町の交差点からクソ右翼がいちゃもんをつけに来た…
DSC_3551
 トラメガ持っているのは、「表現の不自由展 かんさい」の妨害もしてきた、脳味噌の不自由なお方である。言いたい放題言っているのは腹も立つが、挑発には乗らず、ガマン!
 それにしても、戦没者の遺骨がアメリカ軍の基地建設に使われることについて、なぁ~んも思わないで「カウンター」かけてくること自体、この「エセ愛国者」共よりこちらのほうが「道徳的優位」に立っているがらね。
DSC_3555
 そしてクソ右翼の妨害をはねのけながら、梅田OSビル前までまでデモを貫徹したのである!
 ではでは…

「表現の不自由展」クソ右翼の襲撃を許さないぞ!

 エルおおさか「表現の不自由展かんさい」防衛闘争、3日目…私は午後から参加。
 天満橋の駅を降りてエルおおさかに向かうと、クソ右翼街宣車がワーワーわめいていて、信号を渡ることが出来ない…迷惑かけまくり連中だ!
DSC06390
 なお信号機は警察が管理できるので、右翼街宣車が通り過ぎるまで青にならず、渡ることができないのだ。(デモの時もいっしょ、警察が信号機を管理する)
DSC06391
 ちなみに、クソ右翼側には、これだけしか人がいません…「(天皇陛下の写真を燃やして)日本国民が怒っている!」と言いながら、だぁ~れも支持していない、支持されていないクソ右翼(^^)///
 なんやかんやで、向う側に合流…プラカードはもうないので、単に立って「防衛」を行い、クソ右翼の”街宣”を一方的に聞いているのだが…
DSC06396
 大音量の街宣車登場!とともに、大音量の「君が代」(こんなモノがなんで”平和を願う歌”なのか?とんと分からん)や、突撃ラッパ(ホンマに流してきた)とともに、いかついクソ右翼が街宣車のドアを開けて急にこちらに向けて飛び出してきたのである!
DSC06400
 これが延々と繰り返された!ホント、こっち側に向かってくる気マンマンだったぞ!もちろん警察が取り押さえて事なきをえたのであるが、「左翼」の側がこれをやったら、確実に逮捕・拘留(投獄)ま間違いIない…だが右翼側が逮捕されたとかそうゆう話は一切なかった。なれ合っているのだ!
これは完全に「言論」ではなく、「暴力」であり「恫喝」である!絶対に許してはならない!
 しかし私もけっこうのんきに、ツイッターでつらつら報告していた…後から考えると、本当に怖い状況だったのだ。あれ、なれていない人が遭遇すれば、トラウマものであったぞ!
DSC06398
 とにかく現地の混乱は続く…

DSC06404
 警察側もようやく、こんな”とげとげ”を出してきた…
 クソ右翼側は、この混乱を招いたのはこちら側であると批難を続け「公共の福祉に反する」表現の自由は「制限されて当然」とのたまうのであるが、暴力的に介入してきた街宣右翼と一体で「抗議行動」をやっているお前らに、そっくり返しておこう!クソ右翼にこそ「表現の自由」なぞない!
DSC06406
 名古屋から来たクソ右翼(自己紹介では、関西に住んでたとのこと)が宣伝をする…数少ないクソ右翼には、なぜかわざわざ名古屋から来たヤツが多いようだ。奴らは名古屋会場に爆竹を送り付け、展覧会を中止に追い込んだ連中なのだが、一方、名古屋でも本日「表現の不自由展」が中止になったことに抗議する集会が行われていたのであるが、そこに抗議にきたクソ右翼は1人だったそうな。

 足元を固めずして、いいのかい??
 もっとも、名古屋から来たクソ右翼、こんどは「津田大介を出せ」などとわめきだす…津田氏が本当に来ているのかどうかはともかく、こんな連中と平和裏に対話が成り立つとは思えない…まさに恫喝である。
 梅雨が明けたにもかかわらず、ちょっと雨が降ったり、雷が鳴ったりもしたのであるが、16時には「表現の不自由展」は無事終了!向う側で「片づけ」を開始し、こちら側では無事終了を祝ってスタッフの拍手が聞こえたのであるが…
DSC06408
 このままで終わるわけはなかろう…クソ右翼側が主催者との「面談」を求めて、こっち側にやってきた!もちろん、警察に止められる。

DSC06409
 押し問答にはなるが、さすがに向うもゴリ押しするわけにもいかず、一応不穏なことにはならなかった。

DSC06410
 クソ右翼側は、やがて玄関前から東側の道路にゆっくり”排除”される。
 16時45分ぐらいになって、ようやく帰るような雰囲気になった!
DSC06412
 横断歩道を渡って、向う側にやっと移動した…とっとと帰れ!クソ右翼め!
 とりあえず、
「表現の不自由展」を、クソ右翼どもの妨害から防衛したぞ!
皆さまお疲れ様でした!

クソ右翼とたたかう…エルおおさか前に決起!

 本日はエルおおさか前ににおいて、「表現の不自由展かんさい」を守るスタンディングに決起したぞ!
 「表現の不自由展かんさい」昨日が初日だったのだが、なんでもカウンターが200名も集まったらしい。またコロナ対策のため整理券方式で入場者を制限しているのだが、あっという間になくなったそうな。
 で本日、9時半ごろにエルおおさかに行ってみると、警察がうじゃうじゃいた。
DSC06372 
 今日の鑑賞整理券500枚も、この段階ですでに無くなるとのこと…なんでも8時ぐらいから並んでいるらしい。とりあえずカウンターに特化することに…DSC06376
 向かい側にはクソ右翼どもがスタンバっている…しかし、我々がいる方は建物の北側なので日陰になっているのだが、向うは日差しがガンガン照り付ける…熱中症に注意だな。
DSC06377
 10時になったので、こちら側は整理券を持った人が順番に入館開始。向うも”抗議行動”なるものを開始した。なんでも名古屋からわざわざやって来たクソ右翼もいるらしい。夜の8時までやるのだと…
 こちら側からワーワー叫んだりすることもあるが、それは”挑発に乗る”ことになるので、主催者からしっかりSTOPがかかる。何を言われても言い返さず、せいぜい中指を立てるのみ…静かにプラカードを掲げ、せいぜい市民に呼び掛けるだけである。
 向う側は「昭和天皇陛下」の写真を焼いて踏みつぶすという”表現”についてごちゃごちゃ言ってきている。それをどう感じるかは”自由”であるが、天皇なんかいらない!のであるから、別にそれはいいのだよ!それにしても、死んだ天皇に”陛下”をつけてはイケナイのではなかったか?なんて”不敬な”奴等だろう!?
 そのうち街宣車に乗って大音量でがなりたてる連中がやって来た!
DSC06382
 旭日旗って、こーゆーふーに使われるからこそ、あのオリンピックからも”排除”されるのだ。

DSC06385
 しかし西側、東側から交互にやってきて「(表現の不自由展を)粉砕せよ!」とがなり立てる。何台もいるのでカウンター側や一般の通行人ですらも、耳を押さえざるを得ない…これは「言論の自由」の範疇ではない!一応、警察は「騒音測定」はしているのだが、取り締まる気配はさらさらない。
DSC06383

       昨日の戸田ひさよし氏のツイッター投稿なのだが、この車も来ていた…これって車検通ってるの?
 街宣車に乗っているクソ右翼どもは、「少女像」にも文句をつけてきた、また路上にいる奴等よりも言葉が汚い…もっとも、エアコン効いている車の中なら、路上よりもラクだろうな。
 で、クソ右翼どもは「(天皇の写真を燃やす)反日に、日本中が怒っている!」などとわめいているが、圧倒的にカウンター側のほうが人数が多いのだよ。クソ右翼側は、せいぜい20人いるかいないかだもん。誰からも支持されていない。
 そしてこちらが「表現の自由」を盾にしていることを逆手にとったつもりか、「公共の福祉」に反する表現・言論は制限されるのだと言ってくる…だが、東京・名古屋でも「表現の不自由展」に対し妨害・恫喝をかけ、現在も大音量で恫喝しているのはどちら側なのか?公共の福祉に反しているのは、いったいどちらなのか、そっくりそのまま返してやろう!
 挙句の果てに「しょうもない展示」だから拒否されたと言ってくる…オイオイ、「しょうもない展示」だったらだれも見に来ないのだから、ほっとけばエエやん!興行的に成功しないでおジャンになるのだから。わざわざ暑い中、時間をさいて「抗議」することもないだろう。これは逆に、少女像や、天皇の写真を燃やす”表現”が、だれもが見たいと思い、かつ見ればクソ右翼が考える「ニッポン」像を粉々に粉砕するほどの力を持ったものである…ということに他ならないわけだ。(ただし「クソ右翼が考える「ニッポン像」というのは、大したものではないので、それがそのまま本展示の価値になるとは限らない…私も見れてないので、なんとも言えない)
DSC06387
 街宣車も何回もやってくるが、常に「同じ攻撃」なので飽きてきた…今どき仮面ライダーや戦隊ものの「悪の組織」だってその都度、違う攻撃をしてくるぞ⁉
 とりあえず本日は辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動に行かねばならないので、途中で離脱…明日の午後、もういちど対クソ右翼カウンターに参加する予定である。
 ではでは…

「表現の不自由展かんさい」を守るスタンディングに決起しよう!

 先日の「表現の不自由展かんさい」の会場使用許可取り消しがあった件について、大阪地裁は9日、会場の利用を認める決定を出し、「不自由展」は開催できることになった。毎日新聞WEBより
「表現の不自由展」大阪地裁が施設の利用認める決定 開催可能に
 企画展「表現の不自由展かんさい」の会場に予定されていた大阪府立施設の利用承認が取り消された問題で、大阪地裁は9日、実行委員会に会場の利用を認める決定を出した。森鍵(もりかぎ)一裁判長は会場の安全を脅かす具体的な危険が認められないとした上で、「正当な理由がない拒否は憲法の保障する表現の自由の不当な制限につながる」と判断した。施設側の処分を執行停止するこの決定は即座に効力を持つため、企画展の開催は一転して法的に可能になった。
 各地の不自由展が中止や延期に追い込まれる中、今回の司法判断は開催の是非に一石を投じる形になる。施設側は決定を不服として、大阪高裁に即時抗告する方針だ。(中略)
 森鍵裁判長は公共の施設が利用を拒む正当な理由がないとした上で、施設側の処分は「憲法の保障する集会の自由、表現の自由の不当な制限につながるおそれがある」と結論付けた。
 実行委の代理人弁護士は「裁判所の姿勢を高く評価する」との声明を発表。管理者は「公的施設が人命を守るのは当然で、利用者の安全確保は何よりも大切。主張が認められず残念だ」との談話を出した。【松本紫帆、宮川佐知子】
決定の骨子
・大阪府立施設の利用承認の取り消し処分の効力を停止する
・施設への抗議内容などを踏まえると、警察による警備などで防止することができないような重大な事態が発生する具体的な危険性があるとまではいえない
・公の施設が正当な理由なく利用を拒否することは憲法が保障する集会の自由、表現の自由の不当な制限につながるおそれがある

 当然の判決なのであるが、「エルおおさか」管理者は抗告すると言っている。それに対し、抗議のメールやファックスも送られているようだ。
 それにしても、またもや吉村知事は卑劣な「クソ右翼」を批判・非難することもなく、決定は不服として抗告を擁護している!Y!ニュース朝日新聞より
不自由展、大阪地裁決定は「不服」 吉村知事が反論
(前略)吉村知事は「施設所有者として管理権があり、裁量がある。施設には保育所もあり、労働相談も受けている。施設利用者を守っていく役割がある。管理権として利用停止を判断する権限はある」と主張。「地裁では認められなかったので、高裁に判断を求めていきたい」と話した。(以下略)
 管理権を盾に、保育所なんかも持ち出しているが、「表現の自由」も「施設利用者を守る」ことも両立させないとイケナイのだ!そんなことも分からない知事は、政治家をヤメロ!
 一方「エルおおさか」管理者側は、安全に「不自由展」を行うにはどうしたらいいかという協議を主催者が求めているにもかかわらず、応じていないということだ。まったくもって、許しがたい!
 もっとも「表現の不自由展かんさい」実施期間中の7月16日、17日、18日は、クソ右翼の妨害街宣が行われるのは確実だ!そこで有志による防衛スタンディングが呼びかけられているぞ!

 このような内容である…クソ右翼の妨害を許すな!、16日~18日はエルおおさか前に決起しよう!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あるみさんとは

あるみさん

左翼、時々テツ!ちょっぴり萌え系…白系共産趣味ブログであったが、どうも本人のスピリットは赤か黒らしい。闘争・集会ネタが主。主戦場は沖縄・辺野古。
 もとネタは、鉄道むすめのメットキャラ「金沢あるみ」さん。フィギュアを手に入れ、メットを白く塗ったりして遊んでいた。「あるみさん」つながりで「すのこタン。」も要チェック!
 「侵略!イカ娘」からはまったのは「ガールズ&パンツァー」…梅田解放区の隠れ「ガルパンおじさん」でもあるが、今は「はたらく細胞」の「血小板ちゃん」にハマり(おいおい)人間が朝の6時に起きれるか!という謎のコンセプトで生きている。

メールは、nishihansenあっとyahoo.co.jpまで(あっとを@に変更して下さい)
ではでは(^^)

最新コメント
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ