たたかうあるみさんのブログMKⅡ

み~んなそろって、闘争勝利!でもやっぱりメットは、白でしょ⁉ということにしておこう。

容量がいっぱいになった「たたかうあるみさんのブログ」を移動して、2020年7月に新たに開設した、共産趣味鉄道ヲタブログ⁉…旅行、萌え系ネタ⁉もあります。

宮古島

遅すぎる映画「戦雲(いくさふむ)」

 先日、三上知恵監督の映画「戦雲(いくさふむ)」を観てきた。
 
 自衛隊ミサイル部隊配備を始め、どんどんと軍事要塞化が進められていく与那国島、石垣島、宮古島、沖縄島のたたかい・状況を報告する映画である。
 しかし、遅い、遅すぎる…

 映像内では、基地建設工事が着工し、赤土をむきだしにした工事現場が広がる。そこに反対する住民がコールを上げたり、牛歩をしたりして抗議しているのだが、結局基地や弾薬庫ができあがってしまう。
 石垣島では、若い人が中心になって、基地建設の是非を問う住民投票をやろう!と署名を集める…しかし、署名は法定数を大きく超えて集まったにもかかわらず、石垣市は住民投票条例を否決した。駐屯地は2023年の3月に開設される。
 与那国島では「国境警備」という名目で自衛隊配備がなされた。自衛隊が来る前は、島の未来をどうするか?という議論がなされていたが、自衛隊が誘致されれば、その議論は消えた…演習で、自衛隊の装甲車(戦車)が公道を走るようになる。国境警備から、ミサイル部隊を置く話へ…さらに港湾を整備するということで、島の南側、琉球列島最大の樽前湿原を大きく掘削した港や、滑走路延長計画も持ち上がってくる。自衛隊員は、地元久部良の祭り、ハーリーに参加している。子どもは、自衛隊員のお子どもは「与那国が好き」と言う…島が「自衛隊ありき」の町づくりになってしまうのだ。

 自衛隊基地は、宮古島でも、沖縄島でもすでに出来上がり、ミサイル弾体も運び込まれている。いったん基地が出来れば、そこを拠点にドンドン「反撃能力」を持つための「軍拡」が進められる。
 もちろん、まだまだ「第二ラウンド」以降がある…これ以上の軍拡・基地拡大や機能強化に反対していかなければならない。3月30日にうるま市・勝連分屯地では第七地対艦ミサイル連隊の編成完結式が行われたが、うるま市でゴルフ場跡地に計画されている自衛隊の訓練場…おそらく米軍との興津訓練にも使われるであろう…は、県知知事や保守系の議員も声を上げ、住民の反対運動が続いている。まだまだやらなければならないことは多くあるのだが…

 監督は意図していないだろうが、映画のシーンを見ていると「手遅れ」感を感じる…「反対していたけれど、基地はできてしまった」…この映画の完成は情勢に比べ”遅い”のだ!監督もそのあたりは把握していたので、この映画が完成する前、スピンオフ企画「沖縄、再び戦場(いくさば)へ」を昨年完成させた。しかし、悪い言い方をすれば、基地が完成して、全てが終わってから、本映画の映像が”完成”している…監督はそれを待っていたのではないか?

 監督を批判するのはたやすい…だが振り返って私たちをみれば、ようやく昨年宮古島の要塞化に反対する会を立ち上げたり、「沖縄を再び戦場にさせない」ための取り組みを始めたりと…後手後手のことばかりしかできていないではないか?この映画を視て「絶望」を感じることは簡単だが、それを乗り越えること…しかも三上監督を頼らないで…ということが大切だと思うぞ。

宮古島あれこれ(後編)

 宮古島2日目は、宮古島駐屯地開設5周年式典反対闘争であった。ただ昼には終わったので、市街地で昼食を食べて休憩…同行の人が宮古島出身なので”同窓会”的な行動のお供をして、1日が終わる…
 3日目は、帰るだけだが時間があるので、観光⁉

 まずは宮古神社…1590年に建立されたとされる、国内最南端の神社だそーな(HPの由来書)ただし、正式な神社として国に認められたのは戦時中のことらしい。
DSC00156
 市街地の、平良港を見下ろす高台にある。なお今年の1月10日、自衛隊員が集団で神社参拝、宮古島でも「通達違反」の疑い 20人が公用車のマイクロバスなど使用などと問題になったところでもある。
当然「ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会」は抗議の記者会見を行っており、県外の市民団体なども抗議の声をあげている。
DSC00157
 簡単な由来書…

DSC00158
 台風が来るからか、コンクリート製の立派な社殿…2010年に造営されたものである。

DSC00159
 神社の近くには、ニコライ・ネフスキーを顕彰する碑が建てられている。ニコライ・ネフスキー(1892~1937)はロシア・ソビエトの言語学者で、日本に留学し、アイヌ語や宮古島の言語を研究したお方。ソ連に帰国後、スパイとして銃殺されたのだそうな。

DSC00160
 下の方に降りて行って、少し北に向かい、「人頭税石」を見る。この石より背が高くなった男女に「人頭税」が科せられた。高さは140センチぐらいしかないから、当時の「大人」からもれなく人頭税を取り立てたというわけだ。日帝の「旧慣温存政策」によって「琉球処分」後もこの税は続けられ、廃止されたのは1903年である。

 海上保安庁の巡視船は、伊良部島の長島港を拠点としていることは、以前「宮古島フィールドワーク」で報告した。だが、もっとでっかい巡視船は別のところにいる。

DSC00162
 巡視船「みやこ」である。日帝が「尖閣危機」をあおり、国境警備を強化するために2020年に就役した船。全長117m、3500t、70口径40mm単装機関砲2樹を持つ…さすがにデカい。
 どこにあるかというと、宮古島火力発電所の南側、下崎ふ頭である。
DSC00163
 火力発電所の煙突が見える。人頭税石から少し北にいって「マルケンミート」という定食屋のある角を左にまがって入るのだ。

 まだまだ時間があるので、池間大橋まで行ってみよう。
DSC00171
 池間大橋をわたって、池間島の入り口のところにある休憩所に車を止める。
 天気がすごくいい!

DSC00168
DSC00169
DSC00170
 橋屋さんの端くれでもあるので、こうゆうのを見るとうれしくなってしまうのだ。
 池間大橋は、1992年に宮古島と池間島を結ぶ橋として開通した、全長1425mのPC連続箱桁橋である。
DSC00176
 逆光で何が何だかわからないが、池間大橋建設に尽力した元平良市長、真栄城徳松氏の胸像もあるよ。

DSC00173
 支承部を橋脚コンクリートを嵩上げして隠す構造になっている…しかし、海上のこういった構造では、点検・メンテナンスが大変だろう。

DSC00178
 耐震補強工事なんかも、鋭意実施中ということだ。
 池間島内を見て歩くことはやめて、宮古空港近くのレンタカー屋さんに戻り、「余裕で車を返却後、昼食、そしてバスに乗って下地島空港に戻る。

DSC00188
 帰りも青い海が、続くのだ…

DSC00191
 それでは「スカイマーク」で神戸に…ではでは。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あるみさんとは

あるみさん

左翼、時々テツ!ちょっぴり萌え系…白系共産趣味ブログであったが、どうも本人のスピリットは赤か黒らしい。闘争・集会ネタが主。主戦場は沖縄・辺野古。
 もとネタは、鉄道むすめのメットキャラ「金沢あるみ」さん。フィギュアを手に入れ、メットを白く塗ったりして遊んでいた。「あるみさん」つながりで「すのこタン。」も要チェック!
 「侵略!イカ娘」からはまったのは「ガールズ&パンツァー」…梅田解放区の隠れ「ガルパンおじさん」でもあるが、今は「はたらく細胞」の「血小板ちゃん」にハマり(おいおい)人間が朝の6時に起きれるか!という謎のコンセプトで生きている。

メールは、nishihansenあっとyahoo.co.jpまで(あっとを@に変更して下さい)
ではでは(^^)

最新コメント
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ