たたかうあるみさんのブログMKⅡ

み~んなそろって、闘争勝利!でもやっぱりメットは、白でしょ⁉ということにしておこう。

容量がいっぱいになった「たたかうあるみさんのブログ」を移動して、2020年7月に新たに開設した、共産趣味鉄道ヲタブログ⁉…旅行、萌え系ネタ⁉もあります。

基地

沖縄南部視察

 5月27日は、土砂全協で沖縄南部の基地や戦跡、鉱山めぐりである。
 なおこの日の午前中は、共同代表の阿部悦子さんや、北上田顧問、湯浅顧問などといっしょに沖縄県知事と面談し、埋立承認の再撤回や土砂条例の適用、海砂採取の規制などを提案した。同様の提案を午後には県庁の部長クラスにも面談して行ったとのことである。
 まず、うるま市から八重瀬町に行き、八重瀬分屯地などを見に行く。
DSC00638
 バスの中からの撮影でわかりづらいが、四角いレーダーが見える…航空自衛隊の与座岳レーダー、通称「ガメラレーダー」と呼ばれている。電磁波の影響が心配されている。
 このあたりは、琉球王朝以前、南山の有力な士族の城(グスク)があり、代々支配していたところ。また沖縄戦で守備軍が朱里を撤退してから、最後の防衛線が引かれたところでもある…まぁ要衝というわけだ。
DSC00645
 八重瀬分屯地に到着…

DSC00643
 ハイ、第十五高射特科連隊でありますっ!
 となりは那覇ゴルフ倶楽部という、有名なゴルフ場となっている。分屯地よりもゴルフ場の方が広い。
DSC00647
 ここももともとは米軍が接収した基地であり、敷地内には5つほど御嶽があった…それをまとめてお祀りした「八重瀬御嶽」である。ガジュマルの木が立派‼

DSC00649
 陸自の与座南分屯地の門…ここはバスの転回ができないので、素通りする。
 八重瀬のあたりの視察を終え、糸満方面へ…途中「野戦重砲兵の碑」という戦跡碑があるのだが、慰霊碑周辺の石灰岩が削られ、畑になったため、碑が宙に浮いたかっこうになっている(写真なし)土砂や砕石の採取により、慰霊塔や碑の管理、周辺の風致の維持が難しくなっているということだ。
 また糸満では「名城一家全滅屋敷」というのがあり、沖縄戦で「一家全滅」した人の家屋敷が残っていたものであるが、相続で「売却」に出されたりということも起こっている。実際「売物件」というのぼりが立っていた。戦争遺構の保全も、地元自治体や沖縄県だけではなかなか難しいのである。
 バスの中で、沖縄戦で使われた砲弾の破片がまわってくる…これは重たい!こんなものが飛んできて、人びとを殺していくのが戦争なのだ。
DSC00650

 糸満の「一家全滅屋敷」にたつ「売物件」のぼりを見てから、すこし戻って陸軍病院山城本部壕跡に行く…近くにバスを止める駐車場がばいので、住宅とさとうきび畑の中を歩いて到着。
DSC00651
 写真ではわかりにくいが、遠くに「ガメラレーダー」が見えるのだ。

DSC00653
 碑の前で説明…もともとの自然鍾乳洞に、地元の人が避難していた。そこに1945年5月下旬、南風原から陸軍病院が撤退してきた。この場所を本部壕とし、他第一外科壕、第二外科壕、第三外科壕を設けた。なお、撤退してきたときは薬品や手術道具もほとんどなく、病院としての機能は失われていたそうな。その後6月14日、本部壕付近に直撃弾が落ち、病院長が戦死…6月18日に「解散」ということになる。実質、病院関係者や負傷者は3週間ほどここにいたことになる。
DSC00654
 入口のところ…

DSC00655
 急な、すべりやすい洞窟をおりていく。

DSC00656
 茶碗などのかけらが落ちている…

DSC00658
 奥には水がたまっている…病院壕ということで、もっと奥があるのかと思ったが、意外にあっさりと”終点”だったかんじだ。
 さて、病院壕をあとにして、海のほうに向かう。

DSC00659
 幹線道路から奥にはいって、束里鉱山である。もし、ここから辺野古に向けて土砂が搬出されるとすると、膨大なダンプトラックが列をなして、南部の道路を通ることになる。
DSC00660
 向こうの方に、埋め戻しに使う?謎の残土が積まれている…こうした土も辺野古に持っていくのかもしれない?
DSC00661
 鉱山周辺の道路は、こんなかんじだが…

DSC00662
 この道路から、荒崎海岸に出るのだ。(あの狭い道路に、糸満のバスも来る)

DSC00665
 荒崎海岸…ここで弁当を食べる…海の右側は、東中国海、左側が太平洋である。

DSC00666
 左側をずっと行くと、ひめゆり学徒散華の跡という碑があるのだが、戦争の犠牲を「散華」華と散る…などと称賛するのは、いかがなものだろうか?

DSC00671
 荒崎海岸を後にして、魂魄の塔へ…

DSC00667
DSC00669
DSC00668
 このあたりは、いろんな県の「鎮魂碑」「鎮魂塔」が建てられている…県営平和祈念公園のエリアなのだが、隣接して熊野鉱山があったりする。
DSC00672
 飛行機の時間の都合から、私他数名がここで一行から分かれて、空港に向かう…ほかの人たちは、このままひめゆりの塔や、ひめゆり平和祈念資料館などを観ることになっている。

 なかなか南部戦跡までめぐる機会はないものなのだが、いい経験であった。
 それではまわ… 

沖縄を再び戦場にさせないためのスタンディング

 同時スタンディングのお知らせ。
4・28「屈辱の日」イベント。です。
スタンディングプラカード表



2024年4月28日(日)
沖縄を再び戦場にさせないスタンディング
を行います‼

場所
JR大阪駅 南口バスターミナル付近
JR大阪駅 北口
JR京橋駅 京阪ガード下
JR三ノ宮駅 マルイ前
時間:13:00~14:00頃
(JR三ノ宮のみ、12:00~12:50頃)

スタンディングプラカード裏改良

4・28(よんにっぱ)は、日本「本土」ではサンフランシスコ講和条約が発効して占領からの独立を果たした「主権回復の日」とされるが、沖縄にとっては日本から切り離され。米軍支配下にとどめ置かれた「屈辱の日」である。米軍支配から「復帰」しても、米軍基地はなくならず、50年を経て、辺野古新基地建設や自衛隊ミサイル部隊配備など、沖縄を再び戦場にするおそろしい、差別的な計画が進められている。
 これを許してはならない!いっせいスタンディングで訴えていこう!というものである。

 スタンディングに決起しよう!
 軍拡と基地建設を推し進め、戦争の道につきすすむ岸田政権を打倒しよう!

遅すぎる映画「戦雲(いくさふむ)」

 先日、三上知恵監督の映画「戦雲(いくさふむ)」を観てきた。
 
 自衛隊ミサイル部隊配備を始め、どんどんと軍事要塞化が進められていく与那国島、石垣島、宮古島、沖縄島のたたかい・状況を報告する映画である。
 しかし、遅い、遅すぎる…

 映像内では、基地建設工事が着工し、赤土をむきだしにした工事現場が広がる。そこに反対する住民がコールを上げたり、牛歩をしたりして抗議しているのだが、結局基地や弾薬庫ができあがってしまう。
 石垣島では、若い人が中心になって、基地建設の是非を問う住民投票をやろう!と署名を集める…しかし、署名は法定数を大きく超えて集まったにもかかわらず、石垣市は住民投票条例を否決した。駐屯地は2023年の3月に開設される。
 与那国島では「国境警備」という名目で自衛隊配備がなされた。自衛隊が来る前は、島の未来をどうするか?という議論がなされていたが、自衛隊が誘致されれば、その議論は消えた…演習で、自衛隊の装甲車(戦車)が公道を走るようになる。国境警備から、ミサイル部隊を置く話へ…さらに港湾を整備するということで、島の南側、琉球列島最大の樽前湿原を大きく掘削した港や、滑走路延長計画も持ち上がってくる。自衛隊員は、地元久部良の祭り、ハーリーに参加している。子どもは、自衛隊員のお子どもは「与那国が好き」と言う…島が「自衛隊ありき」の町づくりになってしまうのだ。

 自衛隊基地は、宮古島でも、沖縄島でもすでに出来上がり、ミサイル弾体も運び込まれている。いったん基地が出来れば、そこを拠点にドンドン「反撃能力」を持つための「軍拡」が進められる。
 もちろん、まだまだ「第二ラウンド」以降がある…これ以上の軍拡・基地拡大や機能強化に反対していかなければならない。3月30日にうるま市・勝連分屯地では第七地対艦ミサイル連隊の編成完結式が行われたが、うるま市でゴルフ場跡地に計画されている自衛隊の訓練場…おそらく米軍との興津訓練にも使われるであろう…は、県知知事や保守系の議員も声を上げ、住民の反対運動が続いている。まだまだやらなければならないことは多くあるのだが…

 監督は意図していないだろうが、映画のシーンを見ていると「手遅れ」感を感じる…「反対していたけれど、基地はできてしまった」…この映画の完成は情勢に比べ”遅い”のだ!監督もそのあたりは把握していたので、この映画が完成する前、スピンオフ企画「沖縄、再び戦場(いくさば)へ」を昨年完成させた。しかし、悪い言い方をすれば、基地が完成して、全てが終わってから、本映画の映像が”完成”している…監督はそれを待っていたのではないか?

 監督を批判するのはたやすい…だが振り返って私たちをみれば、ようやく昨年宮古島の要塞化に反対する会を立ち上げたり、「沖縄を再び戦場にさせない」ための取り組みを始めたりと…後手後手のことばかりしかできていないではないか?この映画を視て「絶望」を感じることは簡単だが、それを乗り越えること…しかも三上監督を頼らないで…ということが大切だと思うぞ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あるみさんとは

あるみさん

左翼、時々テツ!ちょっぴり萌え系…白系共産趣味ブログであったが、どうも本人のスピリットは赤か黒らしい。闘争・集会ネタが主。主戦場は沖縄・辺野古。
 もとネタは、鉄道むすめのメットキャラ「金沢あるみ」さん。フィギュアを手に入れ、メットを白く塗ったりして遊んでいた。「あるみさん」つながりで「すのこタン。」も要チェック!
 「侵略!イカ娘」からはまったのは「ガールズ&パンツァー」…梅田解放区の隠れ「ガルパンおじさん」でもあるが、今は「はたらく細胞」の「血小板ちゃん」にハマり(おいおい)人間が朝の6時に起きれるか!という謎のコンセプトで生きている。

メールは、nishihansenあっとyahoo.co.jpまで(あっとを@に変更して下さい)
ではでは(^^)

最新コメント
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ