たたかうあるみさんのブログMKⅡ

み~んなそろって、闘争勝利!でもやっぱりメットは、白でしょ⁉ということにしておこう。

容量がいっぱいになった「たたかうあるみさんのブログ」を移動して、2020年7月に新たに開設した、共産趣味鉄道ヲタブログ⁉…旅行、萌え系ネタ⁉もあります。

あるみさんの怒り

辺野古裁判、国の上告に対する抗議声明

 辺野古埋め立て工事では様々な裁判闘争が闘われているが、多くは細かな内容に踏み込まず、形式論で「門前払い」的な裁判が強行されている。そんな中で、福岡高裁那覇支部が「住民の原告資格を認める」(ここだけでも入口論なのだが)判決を出した…それを国が不服として、最高裁に上告している。NHK
辺野古移設 住民の原告適格判決をめぐり国が最高裁に上告
 アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、県による埋め立て承認の撤回を取り消した国土交通大臣の裁決を、移設先周辺の住民が取り消すよう求めた裁判で、住民側に原告としての資格を認めた福岡高等裁判所那覇支部の判決について、国は28日、不服だとして最高裁判所に上告しました。
 アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐり、県による名護市辺野古沖の埋め立て承認の撤回を国土交通大臣が取り消した裁決は違法だとして、辺野古周辺の住民4人が取り消しを求めて訴えを起こしていた裁判で、今月15日、福岡高等裁判所那覇支部の三浦隆志裁判長は「被害を直接的に受けるおそれのある者にあたるというべき」だとして、住民側に原告としての資格があると認め、1審の判決を取り消し那覇地方裁判所で審理をやり直すよう命じました。
 この判決について、不服だとして国は最高裁判所に上告したことがわかりました。
 国土交通省水政課は「関係省庁と協議した結果、原告適格の考え方について不服がある」としていて、28日、法務局の職員が福岡高等裁判所那覇支部に上告の受理申し立てを行ったということです。
 今後、最高裁が上告を受理した場合は2審の判決について審理されることになります。(以下略)

 この暴挙について、ヘリ基地反対協議会ならびに原告団から抗議声明が出たので、転載する【拡散・転載歓とのこと】

2024年5月30日

住民の原告適格を認めた高裁判決に対し
国が上告受理申し立てをしたことに強く抗議する!(声明)

 国は5月28日午後、5月15日の福岡高裁判決(辺野古新基地建設工事を巡り、沖縄県による埋立承認撤回を取り消した国土交通大臣の裁決は違法だとして、辺野古周辺住民4人が裁決の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決。4人の原告適格を認め、原告適格を否定した一審判決を取り消し、那覇地裁に審理を差し戻した)を不服として、最高裁に上告受理の申し立てを行った。
 前日の27日午後、ヘリ基地反対協議会・住民の訴訟原告団・辺野古弁護団が沖縄県内外183団体の賛同を得て連名で「公有水面埋立承認撤回処分に対し国土交通大臣がなした裁決取消訴訟における控訴審判決に対し、上告しないことを求める要請」を国土交通省に手交した直後であり、県民・国民の民意を一顧だにせず、住民の裁判を受ける権利すら否定しようとする国に対し、私たちは強く抗議する。
 本訴訟は、国が沖縄県民の民意や地方自治をも踏みにじり、生物多様性の宝庫である辺野古・大浦湾の自然と周辺住民の生活を破壊する辺野古新基地工事、そのための埋め立てが、公有水面埋立法に照らして合法なのか、沖縄県の埋立承認撤回を行政不服審査法により取り消した国交大臣の裁決が合法なのか否かの審理と判断を求めるものである。しかし国は一貫して、原告適格という入り口論のみに拘泥し、実質審理を避けようとしてきた。
今回の控訴審判決は、新基地建設によって起こりうる騒音や航空機事故などの被害を受ける恐れがある者に「訴える資格あり」という、極めて当たり前で真っ当な判断が理路整然と示されたものであった。それでもなお、これを受け入れず、あくまでも入り口論で「門前払い」を求めようとする国の姿勢は恥ずべきものだと言わざるを得ない。
 国は、実質審理の中で自らの正当性と適法性を、真正面から正々堂々と主張し、司法の判断を仰ぐべきである。
最高裁に対しては、高裁判決によって開かれた実質審理への扉を再び閉ざすことのないよう、国の上告を受理しないことを要請する。

ヘリ基地反対協議会(共同代表・浦島悦子/仲村善幸)
住民の訴訟原告団(団長・東恩納琢磨)


 国の上告を粉砕し、ぐっちょんぐっちょんにしよう!
 最高裁は、住民の原告資格を認めろ!
 辺野古新基地建設の悪行を、裁判で明らかにしろ!

宝島裁判控訴審敗訴、ほか裁判の話

 5月15日にあった、宝島社裁判控訴審の判決言い渡し…残念ながら、敗訴となりました。
控訴審も不当判決!最高裁へ
 本日の控訴審判決、15時から判決言い渡しがありました。
 控訴は棄却、裁判費用は原告持ちという、不当判決でした!
 202法廷、91名の傍聴席がほぼ埋まり、中に入れない人も出ました。
 前回の尋問で、宝島社側の不誠実さ、いいかげんさが明らかになりましたが、最後の「これで終わりです」というラインの返答が、出版の合意であるという見方は変わりませんでした。
 また、1000万円の「損害賠償請求」による脅迫は、脅迫と認められず、このの重大さをわからせるための方便であるとされました。
 名誉棄損についても、「一般の読者を想定」して、認められませんでした。(この裁判でいっしょ「おかしい!」と声を上げている人も「一般の読者」ですが…)帯の「体を売って云々」も、原告のことを指しているわけではないと、名誉棄損になりませんでした(原告の怒りは、そこではなく、夜職全般に対する”偏見”を助長させる表現について怒っているのですが…)
 閉廷し、裁判官が退席した後、法廷は怒号につつまれました。「不当判決だ!」
原告、村上さんからさっそく、最高裁に上告する旨の宣言がなされ、みんなでシュプレヒコールを上げました。
 終了後、弁護士会館で報告集会です。これにも多くの支援者が参加され、部屋の中は人であふれかえりました。(以下略)

DSC00540
 弁護士会館の比較的大きな会議室が、満席どころか椅子がたりずに地べたにすわってもらうほどの人が集まる!
 まあ、それだけ先の控訴審尋問で、宝島社側と編集者がいかにいい加減でデタラメで、弁護士や裁判官に向かってキレまくっていたということから「ひょっとしたら、逆転?」ということも”期待”して、ということもあっただろう。しかし原告の村上さんに対する信頼や期待…よく宝島社という大きな出版社に対し、声をあげてくれたか!ということも大きいのだ。
 本人も集会内で述べていたが、提訴に当たり「やめておけ」という声も相当あって、どれだけ支援者が来てくれるかわからない状況もあったのだが、期日のたびに多くの人が集まり、それは杞憂であったのである。
 で、この集会は最高裁での闘いに向けて、シュプレヒコールを上げて終了したのであるが…その後、弁護士会館の別の会議室で、別の裁判提訴の報告集会があった。

DSC00551
 元富田林市議パワハラ&名誉棄損提訴報告会 である。
 田平まゆみさんは、日本共産党から2015年に富田林市議会選挙に出て当選し、2期8年を務めた。その間、同じ共産党の年長の男性(70代)岡田英樹議員から「おまえ」呼ばわりされるなどのパワハラを継続的に受けてきた。そのことはマスコミ等でも報道され、共産党も大阪府委員会でパワハラの事実を認め謝罪し、岡田議員もパワハラを認め、党からは「警告処分」を受け離党した。その後、2023年春の統一地方選挙で岡田英樹氏は無所属で立候補し、それを共産党員が陰で応援する(落選したが)など、ハラスメントをなかったことのようにする動きもあり、岡田英樹氏自身も手のひらを返していったん認めたパワハラをなかったことにするSNS投稿などをやりだしたのである。酷いもので、田平さんには虚言癖があるだの、統合失調症であるだの、もうほとんど誹謗中傷である。
 ということで、岡田氏を名誉棄損で訴える民事訴訟を起したというものである。代理人は宝島社裁判でもお世話になっている、仲岡しゅん弁護士である。
 報告集会には、田平さんのおつれあいさんや、親御さんなどの家族も参加、村上さんはこの裁判を支える会の事務局的な立場で司会を担当された。
 報告会では、ハラスメントを受けた被害者どうしがつながれる場、被害者同士のネットワークがつくれたらいいなぁという話や、男性に考えてもらいたい、男性(社会)の問題だという発言が出た。一方、ジェンダーではなく、立場性、権力関係の問題であるとの発言もあった。また、共産党だから…という問題ではなく、本質的にはどこにでもある問題、超党派の問題であるということが確認された。
(とはいえ関心を持ってくれた共産党関係者が関東から参加してくださった)

 今後、かかわっていくことになるかもしれない。

 

九州から琉球弧がハリネズミ!

 ネットのひろいものの図…おそらくどっかの新聞記事に記載されている、九州から琉球弧の島じまにかけて展開される自衛隊配備(計画含む)の図である。
GL1EabPa4AAa-Z5
 まさに、ハリネズミのように武装して「中国封じ込め」戦争の準備をしていることがわかる。九州から琉球弧一帯が、自衛隊によって要塞化されるのだ。
 中国封じ込め戦争…とは、次の図に示すものだ。
20230311ax11S_p
 石垣島・ミサイル部隊(3月予定)と書かれているので、2022年度のものだろう。
 注意しないといけないのが、上の図には自衛隊基地しか記述されていない(空自基地は日米共同使用であるが)こと…すなわち、琉球弧を「防波堤」に中国を封じ込める戦争は、日帝独自の意思として準備されているということだ。
 日米共同訓練、演習は行われている…「宗主国」アメリカ様の”後ろ盾”は必要だからだ。しかし、米軍は「封じ込め」に必要な中距離ミサイルを十分保有していない。これは中国に劣るそうだ…だから日本がミサイルを保有し、基地を置く…「敵基地攻撃能力」を持つトマホークは、400発しか購入しない。一二式地対艦誘導弾を改良して、射程1000㎞にするという…自国で完結させるのだ。米海兵隊が「海兵沿岸連隊=MLR」に再編される…離島に赴き、相手にミサイルをちょこっと撃って、さっさとそこから撤収するという運用をするそうだが、これは”リストラ対象”の海兵隊が生き残るため、むしろ陸上自衛隊のミサイル部隊を真似て、日本が行う「中国封じ込め」戦争に参戦しようというものだ。なお、空母打撃軍を含む第七艦隊はどうするのか?中国の中距離ミサイルの飽和攻撃を受けない遠方まで、一旦”撤退”することになる。前線は陸上自衛隊のミサイル部隊にまかされる。
 「自衛隊の南西シフト」は、2000年代から構想され、2010年代の「民主党政権」下でも構想は見直されず(それどころか「尖閣国有化」という対中国の突出をやらかしている)、2010年代後半から具体化している(オキナワ島嶼戦争(前篇) (中篇) (後篇))…決して「アメリカべったり」の自民党・安倍政権の独創というわけではない…20年以上にわたって練り上げられた国家戦略なのである。基地の整備やトマホークの購入なども、アメリカの言いなりでやっているわけではない。
 ロシアによるウクライナ侵略戦争でも明らかなように、大国相手に継戦能力を持つためには、武器の備蓄が必要だ…そのため、上記地図の他に、西日本で14か所もの大型弾薬庫の建設・増備計画がある。関西圏では8棟もの弾薬庫を増設する祝園弾薬庫強化計画がそれだ。こうした基地建設、弾薬庫建設そして長距離ミサイルの開発、増備にはすべて私たちの血税が使われる。

 「台湾有事」を煽り、それを口実にした日帝の軍拡路線は、アメリカの対中国戦略に則る形をとりながら、日帝独自の意思で行われている、主体は日帝なのだ!…日米安保を破棄すれば、見直せば、あるいは沖縄の米軍基地を縮小すれば、”対中国”で日本の軍備を拡大しないといけない!という意見がすぐに出てくることを想起しよう…敵を見誤ってはならない。

琉球弧の島じま、九州、西日本の軍事要塞化を阻止しよう!
祝園弾薬庫の増設に反対しよう!
岸田政権の対中国封じ込め、軍拡路線を粉砕しよう!

「共同親権」法案に反対する!

 離婚後の「共同親権」を導入のため、民放などを改正する案が衆議院で可決された…NHKより
離婚後の「共同親権」民法など改正の修正案 衆院法務委で可決
 離婚後も父と母、双方が子どもの親権を持つ「共同親権」の導入を柱とした民法などの改正案をめぐり、自民党や立憲民主党などは、見直し規定などを盛り込んだ修正案を提出し、衆議院法務委員会で採決が行われた結果、賛成多数で可決されました。
 民法などの改正案は、離婚後に父と母のどちらか一方が子どもの親権を持つ今の「単独親権」に加え、父と母、双方に親権を認める「共同親権」を導入することが柱となっています。
 自民・公明両党と立憲民主党、日本維新の会の4党は、▽離婚後に「共同親権」を選択した場合、子どもと同居する親だけで決められる行為などを政府が周知することや、▽法律の施行後5年をめどに見直しを検討することなどを付則に盛り込む修正を行うことで合意し、12日の衆議院法務委員会に修正案を提出しました。
 そして、採決が行われた結果、修正案は賛成多数で可決されました。
 また、夫婦が互いを尊重して子どもを育てることができるよう政府に支援を求めるなどとした付帯決議もあわせて可決されました。
 修正案は来週にも本会議で可決され、参議院に送られる見通しです。

 離婚した場合、日本では「単独親権」制をとっているので、子どもの親権は父親か母親かのどちらか一方のみが負う。「共同親権」にすれば、離婚後も両親が子どもの「親権」に係るこおtができるので、それは”いいこと”なのではないか?と考える人も多いだろう。ところが「共同親権」については非常に問題が多い…change.orgには、このような署名が立ち上げられている。
 それによれば

 今年の国会で「離婚後共同親権」制度の導入が決定するかもしれません。導入されれば、離婚した後に子どもを保育園に入れるにも、治療を受けさせるにも、引っ越しにも、子どもが希望する学校に進学させるにも「両親」のハンコが必要になり、離婚した相手との関係が強制的に継続しますーー子どもがいる人に対する実質的な「離婚禁止制度」です。
そしてこの制度の影響は約200万人(試算※)の子どもに及ぶと考えられています。
 考えてみてください。もちろん離婚後も父母が協力して子育てできる関係であることは理想です。ですが、そもそも離婚に至るということは関係が立ち行かなくなっているということ。そんな関係の父母に共同親権を強制されたら、子どもは身動きが取れず、子どもの希望は塞がれてしまいます
 子どもたちに不利益をもたらし、立場の弱い方を追い詰める「離婚後共同親権」の導入を拙速に進めないでください。子どもたちのことを考え、立ち止まって考え直してください。
【離婚後共同親権ってなに?】
 子どもの重要事項についての決定に別居親の許可が必要になる制度です。拒否されれば、進学・入院・入園・引っ越しなどができなくなります。合意できなければ、裁判所に決めてもらうまで何もできません。
【具体的に何が問題なの?】
① 父母のどちらかが拒否しても、裁判所によって「共同親権」が命じられる。
② 子連れ別居ができなくなる。
③ 裁判所は、精神的・性的虐待など証拠がないDVを除外しきれない。
④ 家庭裁判所はすでにパンク状態で、対応する人員も施設も予算もない。
⑤ 「養育費不払い対策」は骨抜きで実効性がない。
⑥ 裁判などを悪用した嫌がらせ(リーガルハラスメント)の対策がない。
【共同親権って誰に関係あるの?】
ⅰ 子ども
ⅱ 子どもがいる人
 ・離婚を考えている人
 ・すでに離婚した人
 ・婚姻中・未婚・事実婚を含む子どもがいるすべての人
ⅲ 将来子どもをもつ可能性があるすべての人
 上記のみならず、医療・教育・行政・習い事など子どもに関わる仕事をする人も、訴訟リスク等大きな影響があります。(以下略)

とある。
 
 離婚、及びその原因が夫婦どちらかのDV、ハラスメントにあるケースがそこそこあって(表向きはそういった理由でなくても、隠れているケースもある)そんな家庭をぶっこわすようなヤツと「親権の共同」なんかできるわけない。
 そして離婚後も共同親権を導入しようとロビー活動をしてきた人たち…実はDV、ハラスメントの結果、配偶者が子どもを連れて逃げ出し、様々な禁止措置も取られ面会もさせてもらえない人(主に男性)…が「自分が子どもに会えないのは、『単独親権』制のせい!」とばかりに保守的な議員をまきこんで繰り広げてきたものである。彼らは自らの”加害”を自覚することなく(DV・ハラスメント加害者にありがちのことであるが)、DV/・ハラスメントから子どもを連れて逃げざるを得なかった元配偶者を「子どもを誘拐した!」などと警察沙汰にし、あるいは裁判に訴えたり、元配偶者の居場所を突き止め、嫌がらせを繰り返す…など、トンデモな人たちなのだ。
 ということで、こうゆう人たちが求める「共同親権」の問題について② 子連れ別居ができなくなる。③ 裁判所は、精神的・性的虐待など証拠がないDVを除外しきれない。には、あえて太字をいれてみた…そう、これは「離婚禁止法」なのである。4月12日のTBSニュースから
「共同親権」法案が衆院で可決 “離婚後も支配され続ける”と当事者から不安の声も
 離婚後の子どもの親権を父母の双方に認める「共同親権」の導入を柱とした民法の改正案が衆議院の法務委員会で可決されました。ただ、離婚した「当事者」からは不満の声もあがっています。
「起立多数、よって本案は修正議決すべきものと決しました」
 きょう、与野党の賛成多数で可決した民法の改正案。これまで離婚後の子どもの親権者は父母のどちらか一方の「単独親権」のみでしたが、今回の改正案では、どちらにも親権を認める「共同親権」が選べるようになり、父母の協議で決まらない場合は家庭裁判所が判断します。
 自民党 熊田裕通 衆院議員
「養育費の履行を確保することや、安全安心な親子交流を実現していくことが重要であります」
 賛成した議員は“共同親権になれば実際に養育していない親が子どもと面会しやすくなり、養育費の不払い問題も改善される”などと強調しますが…
後藤さん(仮名)
「絶対に反対っていう気持ちでおります。紙の上で離婚したとしても、現実的に離婚ができないような状況が続く法案だと思ってます。反対です、私は。色々な話し合いにおいて合意ができないから、協力して何かを進めることができないから別れているわけであって」
数年前に離婚し、2人の子どもの親権を持つ後藤さん。前の夫から“精神的なDV”を受け離婚し、現在も子どもをめぐる係争が続いています。
今回の法案はすでに離婚が成立していても申し立てが認められれば「共同親権」が適用されることから、“前の夫が申し立てを行うのではないか”と不安を感じているといいます。
後藤さん(仮名)
「共に居なくていいということが一番の救い。法によって、また“共同しなさい”と言われているようなものだと思うんですね、共同親権って」
 後藤さんのように精神的なDVによる離婚の場合、証拠が残りにくいことから、“訴えが家庭裁判所に正確に届くのか”という点も強く懸念しています。
 立憲民主党など野党側はDVや虐待など円満に離婚できなかったケースで、適切に「共同親権」を行使できるのか、との懸念を示し、与野党はきのう、親権を選択する際に「父母の双方の真意」を確認する措置を検討することなど、新たな付則を盛り込むことで合意。しかし、この修正案についても“不十分だ”と指摘します。
後藤さん(仮名)
「いろいろな経験、思い、言語化しづらいです。真意というものが、どれほど伝えられるのかなっていうのがあります。修正案に関してもすごく懸念が残りますね」
改正案は来週、本会議で可決され、参議院に送られる見通しで、後藤さんは「共同親権」申し立ての不安に駆られる日々が続きます。
後藤さん(仮名)
「(共同親権が)運用されるとなると、法律を使って支配され続ける状況が続くことなので、心身ともに衰弱しますし、それが共にいる子供にとって良いわけがなくて、サポート・ケアの対策までお話し合いを進めていただきたいなという思い」
当事者の悲痛な声を国はどう受け止めるのでしょうか。

記事中に、今回の法案はすでに離婚が成立していても申し立てが認められれば「共同親権」が適用されることから、“前の夫が申し立てを行うのではないか”と不安を感じている とある。DV・ハラスメントというのは「相手を自らのコントロール下においておきたい」という自らの「支配欲」からでており、しかも自覚がない場合それは「愛情」とか「相手のため」(親権の場合は、子どものためというのが加わる)というものに転倒してしまう。家庭裁判所も、そういったDVケースを見破ることができず、ホイホイと「共同親権」…協力できない夫婦に、子育て協同を強制する…を認めるだろう。
DV認定って、困難だそうで

 それにしても、家族を規定する法律で「選択夫婦別性」や「同性婚」なんかはなかなか認められず、国会で審議もされないのに、「共同親権」がこうも拙速に(民法改正のパブリックコメントが集められたのであるが、その内容が公表されていない)通過してしまうのはなぜか?一つは諸外国が離婚後「共同親権」制度を取っている国が多いこと、それと関連して、国際結婚した日本女性が海外で子どもを産み、その後配偶者のDV・ハラスメントから逃れるため子どもを連れて逃げた場合「国政的な子どもの連れ去り」という問題に発展することから、諸外国にあわせておこうという話もあるのだろう。(実際の外務省の対応はこちら…けっこういろいろやっている もっとも”諸外国”で離婚後共同親権だからすべてうまくいっているというわけではもちろんなく、DV・ハラスメント事例を排除できなかった結果、子どもの利益にそぐなわい親権行使が行われたり、ひどいときには「面会交流」が強制され(これは現在の日本でも行われている)面会交流時に、DV加害者が子どもに危害を加える、殺害してしまうという事件も起こっている。
 もう一つは、これがDV加害があっても、父と母がそろった「理想の家族像」を守るためのもの…すなわち、日本の保守層にずんと居座っている「家父長制」を支える力になるからだ!そうした意味で、この「共同親権」法案は、様々な家庭・家族の在り方を認める「フェミニズム」のバックラッシュの一つである。

家父長制を強化する自民党、岸田政権を許すな!
子づれ別居・離婚禁止法たる「共同親権」法案を廃案にしよう!

遅すぎる映画「戦雲(いくさふむ)」

 先日、三上知恵監督の映画「戦雲(いくさふむ)」を観てきた。
 
 自衛隊ミサイル部隊配備を始め、どんどんと軍事要塞化が進められていく与那国島、石垣島、宮古島、沖縄島のたたかい・状況を報告する映画である。
 しかし、遅い、遅すぎる…

 映像内では、基地建設工事が着工し、赤土をむきだしにした工事現場が広がる。そこに反対する住民がコールを上げたり、牛歩をしたりして抗議しているのだが、結局基地や弾薬庫ができあがってしまう。
 石垣島では、若い人が中心になって、基地建設の是非を問う住民投票をやろう!と署名を集める…しかし、署名は法定数を大きく超えて集まったにもかかわらず、石垣市は住民投票条例を否決した。駐屯地は2023年の3月に開設される。
 与那国島では「国境警備」という名目で自衛隊配備がなされた。自衛隊が来る前は、島の未来をどうするか?という議論がなされていたが、自衛隊が誘致されれば、その議論は消えた…演習で、自衛隊の装甲車(戦車)が公道を走るようになる。国境警備から、ミサイル部隊を置く話へ…さらに港湾を整備するということで、島の南側、琉球列島最大の樽前湿原を大きく掘削した港や、滑走路延長計画も持ち上がってくる。自衛隊員は、地元久部良の祭り、ハーリーに参加している。子どもは、自衛隊員のお子どもは「与那国が好き」と言う…島が「自衛隊ありき」の町づくりになってしまうのだ。

 自衛隊基地は、宮古島でも、沖縄島でもすでに出来上がり、ミサイル弾体も運び込まれている。いったん基地が出来れば、そこを拠点にドンドン「反撃能力」を持つための「軍拡」が進められる。
 もちろん、まだまだ「第二ラウンド」以降がある…これ以上の軍拡・基地拡大や機能強化に反対していかなければならない。3月30日にうるま市・勝連分屯地では第七地対艦ミサイル連隊の編成完結式が行われたが、うるま市でゴルフ場跡地に計画されている自衛隊の訓練場…おそらく米軍との興津訓練にも使われるであろう…は、県知知事や保守系の議員も声を上げ、住民の反対運動が続いている。まだまだやらなければならないことは多くあるのだが…

 監督は意図していないだろうが、映画のシーンを見ていると「手遅れ」感を感じる…「反対していたけれど、基地はできてしまった」…この映画の完成は情勢に比べ”遅い”のだ!監督もそのあたりは把握していたので、この映画が完成する前、スピンオフ企画「沖縄、再び戦場(いくさば)へ」を昨年完成させた。しかし、悪い言い方をすれば、基地が完成して、全てが終わってから、本映画の映像が”完成”している…監督はそれを待っていたのではないか?

 監督を批判するのはたやすい…だが振り返って私たちをみれば、ようやく昨年宮古島の要塞化に反対する会を立ち上げたり、「沖縄を再び戦場にさせない」ための取り組みを始めたりと…後手後手のことばかりしかできていないではないか?この映画を視て「絶望」を感じることは簡単だが、それを乗り越えること…しかも三上監督を頼らないで…ということが大切だと思うぞ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あるみさんとは

あるみさん

左翼、時々テツ!ちょっぴり萌え系…白系共産趣味ブログであったが、どうも本人のスピリットは赤か黒らしい。闘争・集会ネタが主。主戦場は沖縄・辺野古。
 もとネタは、鉄道むすめのメットキャラ「金沢あるみ」さん。フィギュアを手に入れ、メットを白く塗ったりして遊んでいた。「あるみさん」つながりで「すのこタン。」も要チェック!
 「侵略!イカ娘」からはまったのは「ガールズ&パンツァー」…梅田解放区の隠れ「ガルパンおじさん」でもあるが、今は「はたらく細胞」の「血小板ちゃん」にハマり(おいおい)人間が朝の6時に起きれるか!という謎のコンセプトで生きている。

メールは、nishihansenあっとyahoo.co.jpまで(あっとを@に変更して下さい)
ではでは(^^)

最新コメント
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ