総会と講演の後、26日の午後はうるま市内の軍事基地を視察…
DSC00626
 陸上自衛隊勝連分屯地である。

DSC00618
 第七地対艦ミサイル連隊、第十五高射特化連隊第二高射中隊ということで、地対艦ミサイル部隊と、地対空(防空)ミサイル部隊がすでに配備されているのだ。

DSC00622
 うるま島ぐるみ会議の皆さんから、説明をうける…勝連分屯地は勝連半島にある米軍基地、ホワイトビーチのほんの一部みたいな感じに位置している。周辺はほぼ「ホワイトビーチ」の用地となっている。ここに来る道路も、ホワイトビーチに囲まれ、周辺にはスーパーもコンビニもない山の中だ…なので部隊配備で自衛官が増えたから、周辺地域にに宿舎を作る計画も持ち上がってきそうだということだ。
 また、基地内には新たに「体育館」が整備された。「弾薬庫」はあるが、ミサイル用の大規模なものではない。老朽化しているので、建て替えられるだろうとのことである。
DSC00621
 ホワイトビーチも含めた、「土地規制法」にひっかかるエリア…集落や保育園、小中学校から高等学校まである。
 なお、入り口の警備をしている自衛官は、銃を持っている。
DSC00632
 つづいて、平敷屋公園、平敷屋タキノ―という、ため池を掘った土を積み上げたという公園にのぼると…
DSC00628
 ホワイトビーチの桟橋が、どかっと見えるのだ‼
 なお、写真右方面には、潜水艦が停泊したりするそうな。

DSC00629
 こんな感じですね…

DSC00631
 ホワイトビーチの反対側を望む…勝連半島は、海中道路で宮城島や浜比嘉島とつながっている…宮城島には石油備蓄基地がある。
 勝連半島を後にして、うるま市内にもどり、国道を北上する。高速道路の石川インター出口を超えてから左折して住宅地の中に入っていき、高速道路を超えると…

DSC00635
 自衛隊訓練場が計画されていた、東山(あがりやま)カントリークラブ跡地に到着!

DSC00634
 目の前には立派な住宅地が広がっている…何もなかった山の中に、人を定着させるため良好な住宅地を開発した…住宅地の購入は”抽選”で行われるほどの人気があったそうだ。また、この先には「沖縄県立石川青少年の家」という施設があり、県民にとっても大切なところである…そんなところに「根耳に水」の自衛隊訓練場の計画が降ってきた!防衛省、自衛隊は何を考えていたのか?おそらく宮古島や石垣島のように、住民の抵抗があっても押し切れると「甘くみた」のであろう。一方、住民の側は報道で計画を知って、びっくり!地域の自治会などで反対の声がもりあがり、大きな運動になった。保守系の議員もまきこんで(6月に沖縄県議会選挙がある!)反対の声があがることになる…ということで、防衛省・自衛隊は演習場計画を”撤回”させることになった。

DSC00637
 以上、うるま市での視察を終え、ホテルに帰る。